ゆうパック50%割引も!送料格安のイプシロン配送サービスって何?

イプシロン

こんにちは。
ネットショップオーナー兼コンサルタントのみなこです。

ECサイト(ネットショップ)を運営する方なら宅配料金はとても気になるものの1つですよね。

数ある業者の中で一番安いと言われていたゆうパックでさえ、ついに2018年3月に値上げを実施し大きな話題となりました。

 

そんな中、荷物量の少ない個人事業主でも契約するだけでゆうパックが格安になる「イプシロン配送サービス」というものがあります。

今日は知った人だけ得をする、この「イプシロン配送サービス」についてご紹介いたします。

イプシロンとは

そもそもイプシロンとは何なのかからお話ししますね。

イプシロン(正式名称「GMOイプシロン株式会社」)とは、ECサイトに不可欠なオンライン決済の代行会社です。

クレジットカード決済はもちろんのこと、その他にも後払い決済やコンビニ決済、電子マネー決済など、実に様々な決済方法が用意されています。

つまりイプシロンと契約すれば、あなたが作ったネットショップでこれらのオンライン決済が使えるようになるということですね。

 

そしてこのイプシロンは契約者向けに「配送サービス」も提供しています。

それが今回のお話の本題である、ゆうパック割引サービスです。

 

契約できるショッピングカート業者は

早速この配送サービスについて話を進めたいところですが、
まずはイプシロンと契約可能なショッピングカート業者を紹介したいと思います。

ひとくちにネットショップと言っても、楽天市場に出店している方もあれば、ヤフーショッピングに出店している方もあるでしょう。

そのうち、イプシロンを利用できるのは下記のサービスでネットショップを作っている場合です。

  • カラーミーショップ
  • Makeshop
  • おちゃのこネット
  • FC2ショッピングカート
  • ウェルカート
  • BiND CART
  • イーシーオリジン

または、EC-CUBEなどのオープンソース型と言われる著作権フリーのシステムを利用してショップを作成している方も利用できます。

楽天やヤフー、アマゾンなどに出店している方は残念ながらイプシロンの配送サービスは利用できません。

 

配送サービスについて

それでは本題の、イプシロン配送サービスについてお話しします。

どのくらい割引される?

それではイプシロンの配送サービスを利用した場合、ゆうパックはどのくらい安くなるのでしょうか。

一般向けの料金とイプシロン料金の比較表をご用意しました。(※記載の価格は税込み)

東京発の場合

「一般」と「イプシロン」をそれぞれ見比べてみてください。

いかに安いかがわかりますでしょうか。なんと半額以下になっている場合もありますね。

今回は東京発の場合を例としましたので、それ以外の地域の場合をご覧になりたい方はこちらのイプシロンゆうパック運賃表からご覧下さい。

いずれの地域からの場合もほとんど大差なく、とってもオトクなのが分かっていただけるかと思います。

 

ちなみにここでは比較しやすいようどちらも個々の荷物ごとに税込みで記載していますが

イプシロンのゆうパック料金は、複数個の荷物の料金をまとめて計算し、その合計金額に税金をかけるという計算方法になりますので、

この表とわずかに誤差が生じる可能性があります。その点についてはご了承ください。

 

配送サービスにお金はかかる?

それではイプシロン配送サービスの利用料金はというと

0円

です。

つまりかかる料金は運賃のみということですね。

なんておトクなんでしょう。

 

これを聞いたらみなさんますますイプシロン配送サービスに興味シンシンですよね。

ですがここで1つだけ利用条件があります。

 

それは、

配送サービスだけの契約はできない

ということです。

 

とってもお得な配送サービスですが、残念ながらこれだけの契約ということはできません。

配送サービスの利用条件として、クレジットカード決済サービスの契約が必須となります

 

クレジットカード決済の月額最低料金は

それでは次にクレジットカード決済を導入した場合の料金を見ていきましょう。

☑個人契約の場合、

 月額最低手数料 1300円 (税抜)※

となっています。

※VISA/MASTER/DINERSのみの場合です。JCB/AMEXをプラスすると更に500円必要です。

※契約に初期費用は必要ありません。

 

この料金に含まれるもの

先に説明いたしましたように、クレジットカード契約をすれば配送サービスが使えるようになります。

ということは1300円の月額最低手数料でこれらの3つが使えるということです。

  1. クレジットカード(VISA/MASTER/DINERS)決済
  2. 配送サービス
  3. コンビニ決済 ※

(※個人契約の場合はコンビニ決済も一緒についてきます。)

 

なお1300円というのはあくまで一か月あたりに支払う最低料金です。

クレジットカード・コンビニ決済につきまして、決済金額に応じてかかる料金(決済手数料)については、ご自身が利用しているショッピングカート業者のHPでご確認をお願い致します。

またこの料金に代引きゆうパックは含まれておりません。代引きゆうパックの利用には、月額最低手数料500円が別途必要です。

 

まとめ

ひと月に何百個~何千個と発送する大きな企業ならともかく、荷物量の少ない個人が郵便局と割引交渉をするのは正直とても困難です。

またこれまで割引料金を適応してもらえていたお店も、その多くが2018年3月のゆうパック値上げをきっかけに契約を解除されたとも聞いています。

 

ですが私たちはこのイプシロンと契約しさえすれば、
ゆうパックの差出数が月に数個しかない小さなショップであったとしても、(この記事に記載の)大幅割引料金でゆうパックを発送することが可能になります。

もうこれはお得以外の何物でもありませんね!

 

ちなみに今回の記事ではゆうパックのみについてお話ししましたが、実際にはイプシロン配送サービスにはゆうパック・ゆうパケット・カンガルー便の3つがあります。

詳細を知りたい方はイプシロンの配送サービスのページをご覧下さい。

この配送サービスをうまく活用して、ショップの集客や売り上げにつなげていきましょう!







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です