ネットショップの配送方法の種類を知ろう-ECサイトの基礎知識

売上アップ

ネットショップの配送方法というと、「とにかく送料を安くすればいいのかな?」と漠然と考える方があるかもしれませんが、

それよりもまず先にすべきことは、配送方法にはどのような種類があるのか、そしてどのような特徴があるのかをよく知ることです。

ここでは、

  • 配送方法は大きく分けて二種
  • あなたのお店にあった配送方法は
  • 配送方法の設定数はどのくらいがベスト?

ということについてお話しします。

配送方法の種類

配送方法の種類は大きく分けると

  • 対面配達で高コストな方法
  • ポスト投函の低コストな方法

の二種に分かれます。

 

対面配達の方法

配達

対面配達で事故の際の補償付きなので安心。そのため一般的にコストは高い
これに該当するもの:「宅配便(ゆうパック、ヤマト宅急便など)

※ちなみにレターパックプラスは対面配達ではあるが、事故の際の補償はない。

 

ポスト投函の方法

郵便受け

ポスト投函のため事故の際の補償はないが、その分コストは安い
これに該当するもの:「定型・定形外郵便」、「レターパックライト」、「ゆうパケット」、「クロネコDM便」、など

 

お店に合った配送方法を選ぼう

それでは次に、あなたのお店に合う配送方法を考えてみましょう。

 

どの配送方法を選ぶべきか

それはあなたのお店の「注文金額」によって異なります

高額商品ばかりを扱うお店であれば、配送方法は「宅配便」1択でしょう。

ですがもしお客さんの平均注文金額がそれほど高くない(目安4千円以下)であれば、
宅配便以外の配送方法も絶対に用意すべきです

安価な配送方法もお客さんの選択肢に入れることで、確実に注文数は増えるでしょう。

 

どの業者と契約したら良い?

私のおすすめは日本郵便ですが、ヤマト運輸や佐川急便などできるだけたくさんの配送業者と比較してみると良いでしょう。

始めから1つに絞らず、色んな業者の配送サービスを知っておくことが大切です。

 

ただ私のようにレンタルショッピングカート「カラーミーショップ」を使っている方の場合は、間違いなく日本郵便がおすすめです。

というのもカラーミーショップの場合はクレジットカード決済の導入のために「イプシロン」という会社と契約せねばなりませんが、
この「イプシロン」と契約するとゆうパック(日本郵便の宅配便)の料金が格段に安くなるからです。

その料金はこちらからご覧下さい。:イプシロンのゆうパック料金

 

また日本郵便はポストとうかんの配送方法が大変充実しています。

例えば厚みのないものでしたらクリックポストやゆうパケットが使えますし、厚みがあるものの場合は定形外郵便で送れます。

その他にも使えるサービスはまだまだありますので、こちらを参照してください。
郵便局の配送方法一覧

 

なおポストとうかんの配送方法については追跡番号がつくものとつかないものがあります。

その点も見落としなくチェックするようにしましょう。

 

何種類くらい用意するべきか

配送方法の選択肢は2-3種用意することをおすすめします。

「選択肢が多いことに越したことはない」という考え方もあるのですが、
あまりに選択肢が多すぎるとどれを選んで良いかわからなくなり、その結果購入自体がまどろっこしくなって離脱してしまう可能性も発生してしまいます。

また2つ用意するにしても、3つ用意するにしても、できるだけパッと見てすぐに違いがわかるように設定しましょう。

例えば
ゆうパック 600円」「ヤマト宅急便 700円

このようにあまり違いのない2つを一緒に導入してもあまり意味がありません。

ゆうパケット 180円」「定形外郵便 350円」「ゆうパック 600円

であれば価格の違いも大きくこの3つを同時に導入する価値があります。

 

さいごに

以上ネットショップの配送方法設定について基本的なことをお話ししました。

なおそれぞれの宅配業者のHPに掲載されている料金は「一般向け」の価格ですので、発送する荷物の数が多ければ価格交渉ができる場合もあります。

(私の場合はゆうパケットの料金の価格交渉に成功しました)

そういう交渉は不慣れで気が進まない・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、勇気を振り絞って積極的に挑戦してみましょう。







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です