あなたが見ている検索順位、正しい順位ではないかもしれませんよ

順位をチェックする人

こんにちは。
現役ネットショップオーナー兼コンサルタントのみなこです。

ネットショップをスタートすると毎日気になって仕方ないもの・・・

それは「昨日よりも、ちょっとでも自分のショップの検索順位が上がったか」ですよね。
私もお店を始めたころはこればかり気になって、しょっちゅう自分のお店をGoogle検索していました。

そしてしばらく経ったあるとき、その順位がドン!と一気に上がったのです。
これを見たときは「やった~!!」と大喜びでした。

ですがお店へのアクセス自体にはそれほど変化がなく「あ・・あれ・・なんでだろ?」と拍子抜け。

一体何が起こったのでしょうか。

Googleの検索順位はどのように決められているのか

Googleの検索ボックスに検索したいキーワードを入れると、数千~数万あるコンテンツをランキング形式で提案してくれますが、これは何の順番で並んでいるのでしょうか。

これは、Googleが検索したユーザーにとって「有益性」が高いと思われる順番に並べているのです。

ではその「有益性」をどうやって判断しているかと言えば、それには200以上もの評価基準があると言われています。これを検索アルゴリズムとも言います。

 

それには例えばこのようなものがあります。

〇そのサイトにリンクしている他のウェブサイトの数や品質はどうか?

〇内容にオリジナル性があるか

〇タイトルタグにキーワードが含まれているか

など。

このような評価基準が合計で200以上あるというわけです。

 

ですがこのような評価基準で検索順位をつけたとしても、その人「一人ひとり」にマッチした検索順位になっているとは言い難いですよね。

仮にあなたと私が同じキーワードで検索を行ったとしても、二人が求めている情報が全く同じとは限らないからです。

 

個人のニーズにマッチした検索結果を提供するために

このようなトラブルを解消するために、Googleが検索アルゴリズムの1つに採用したのが「パーソナライズド検索」です。

「パーソナライズド(personalized)」とは個別化を意味する言葉。

つまり「パーソナライズド検索」とは、検索ユーザーの興味の対象や住んでいる地域、行動の履歴などに応じて検索結果を変えるというものです。

 

ということは、冒頭の話のようにあなたが自分のパソコンで毎日自分のネットショップを検索していれば、検索エンジンが「これがこの人の求めているコンテンツだな!上位に表示しなければ!」と認識しておのずと自分のパソコンでのみ検索順位が上がってしまうことになるのです。

SEO対策に詳しい人であればこれは当たり前の知識ではありますが、初心者の方の中にはこれを知らない人がまだまだ多く、「検索順位が上がった!」と勘違いしている人が少なくありません。

この間違いをずっと気づかないままでいると、「1位になれたからこれで大丈夫だ!」と現状に満足してしまい、本来まだまだせねばならないSEO対策に手を抜いてしまうことになりますので大変危険です。

 

それではどうすれば正しい検索順位を見ることができるのか

Googleが良かれと思って採用した「パーソナライズド検索」ですが、自分のネットショップの検索順位を知るためにはこの影響を逃れる必要があります。

そこで、正しい検索順位を知るために、オンライン上で使えるチェックツールを2つご紹介します。

 

検索順位チェッカー

検索順位チェッカー

ブラウザ上で簡単に順位のチェックが出来るツール。

キーワードは5つまで検索でき、100位までの順位が表示されます。

検索順位チェッカー

 

検索順位チェックツールGRC

GRC

インストール型のチェックツール。

インストール型と言うと面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、先にご紹介したツールに比べてかなり高機能ですので、個人的にはこちらがオススメです。

無料で使用する場合、検索できるURLやキーワード数などに制限がありますが、それでも十分使えます。

検索順位チェックツールGRC

 

おわりに

正しい検索順位の調べ方については、他のブログなどを参照しているとブラウザの「シークレットモードを使う」方法がよく紹介されていたのですが、こちらは完全に正しいとは言えない(住んでいる地域を反映してしまう)との情報があったため、今回の記事ではわざと書くのを控えました。

なお検索順位チェックツールを使うに当たっては、「雑貨 北欧」など2つのキーワードで検索する「AND検索」という方法があります。(ワードとワードの間に半角スペースを入れる)

もちろん1つのワードで検索上位になることが一番の理想なのですが、競合店や競合サイトが多い中それはかなり困難なことですので、まずは狙いを定めた2つのキーワードで(上で述べたAND検索にて)上位を取ることを目指しましょう。







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です