宅急便コンパクトはどのくらい入るのか?容量を検証してみた

こんにちは。

どこの配送会社でも値上げ値上げが続く中、ヤマト運輸(クロネコヤマト)が提供している【宅急便コンパクト】はサイズこそ小さな荷物に限られるものの、とても割安な宅配サービスです。

宅急便コンパクトはその条件として専用のボックスに入れることが決められているのですが、これには一体どのくらいの荷物が入るのか。どれくらいのものなら宅急便コンパクトで送れるのか。

それを今日は実際に検証してみたのでご報告いたします。

 

 

宅急便コンパクトの専用ボックスについて

ボックスには二種類ある

宅急便コンパクトには専用のボックスが二種類用意されていて、1つは薄型(封筒型)、もう1つは箱型です。

どちらもダンボールで作られていて、しっかりしています。

 

サイズは?

ヤマト運輸の公式ホームページには60サイズより小さいお荷物、と書かれていますが実際にはどのくらいのサイズなのでしょうか。

薄型とボックス型、サイズはそれぞれ下記の通りです。

 

薄型:(たて)24.8cm(よこ)34cm

 

ボックス型:(たて)20cm(よこ)25cm(高さ)5cm

なおこれは外寸ですので、実際に入るものはこれより小さいとお考え下さい。

 

どのくらい入る?

さてここからが本題ですが、実際にどのくらい入るのかを検証してみましょう。

薄型

これはA4用紙がすっぽりと入るサイズです。日本郵便のレターパックをご存知であれば、あれと同じサイズだと思っていただくとわかりやすいでしょう。

ただ大きく異なる点は、良くも悪くも丈夫なダンボールで出来ているためあまり口が開きません。

無理に入れようとするとダンボールに折り目が入って見た目が悪くなります。

宅急便コンパクトどれだけ入るか

漫画本4冊を入れただけでも(横幅にはまだ余裕がありますが)厚みはなんだかもう精一杯という感じです。

無理に封をしようとしたため、封が少し折れ曲がっているのがわかるかと思います。(でも何とか封をすることはできました)

私としてはこれくらい入れればもう限界かな、とは思いましたが、ネットで色々検索していましたら少年ジャンプを入れて送った方もあるようですので無理をすればそのくらいは入るようです。
が、どう見てもこの封筒は厚みのあるものを入れるために作られた容器ではありません。
しかも無理に入れたとしても、封がきちんと閉まらなければ荷物を引き受けてもらえない、という話もあります。(まあ、当然ですけどね・・・)

これはカタログを送るとか、書類を送るとか、明らかに【薄いもの】を送るのに向いています。

 

ボックス型

小さいと言えば小さいですが、ちょっとしたものなら十分送れそうな大きさです。

試しに漫画本を入れてみました。

宅急便コンパクトどれだけ入るか

一般的な漫画本なら6冊が限界です。
(見づらいですが、6冊入っています)

 

次に薬ビンを入れてみました。

薬ビンの大きさにもよりますが、写真のとおりルルはギリギリ入りました。

小さな薬なら結構入れられそうですね。

 

ガムテープを入れてみました。

こちらも高さはギリギリですが、何とか入りました。

 

専用ボックスの値段は?

専用ボックスは、薄型もボックス型もそれぞれ1枚65円(税込み)です。

ヤマト運輸直営店、取扱店のいずれかで入手することができます。または5枚以上の購入であればヤマト運輸に電話して自宅に届けてもらうこともできます。

 

宅急便コンパクトの送料は?

ヤマト運輸のホームページにて送料を調べることができます。

または当ブログの記事で大幅割引制度なども含めて詳しく書いていますのでぜひそちらをどうぞ。→格安の宅配便【宅急便コンパクト】を徹底解説

 

おまけ

宅急便の専用ボックスはとってもお茶目です。

ネコロジー






シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です