格安の宅配便【宅急便コンパクト】を徹底解説 -割引制度がアツイ!

こんにちは。

ネットショップオーナー兼コンサルタントのみなこです。

このところどこの運送会社もこぞって値上げラッシュ!
これまでの特別運賃を突然契約解除されたり、集荷には行けなくなりましたと宣告されたりなど、ひどい対応をされたという方もいらっしゃると思います。

私自身も例外ではなく、これまではとても安い価格でゆうパックを利用できていたのですが、
他社も含めて再検討せざるを得なくなってしまいました・・・。

グッタリしながら色々と調べていたところ、現時点にておそらく最安の宅配便(!?)、
【宅急便コンパクト】というサービスを見つけましたのでご紹介したいと思います!

宅配便とは何か

まず宅急便コンパクトについて詳しく説明する前に確認しておきたいと思いますが、
今回の話は【宅配便】についての話です

宅配便とは小口貨物輸送サービスのこと。
自宅まで集荷に来てくれ、受取人に手渡しで配達し、到着日時指定もでき、事故や紛失の際の補償が付いています
たとえば有名なものには日本郵便のゆうパックや、ヤマト運輸の宅急便などがあります。
(よく「宅配便」のことを「宅急便」と呼ぶ人がありますが、宅急便はヤマト運輸の提供する宅配便サービスの名称(商標)です。)

 

その他にも荷物を送るだけなら「メール便」や、「普通郵便(書留などを付けていない郵便)」などがあり配送料金はダントツ安いですが、
ポストとうかんを以って配達完了とされますし、事故の際の補償は通常ありませんのでその点が宅配便とは全く異なります。

というわけで安さだけを見ればメール便や普通郵便の右に出るものはなかなかありませんが、
今回お話ししたいのは、集荷に来てくれ、手渡し配達で補償もあり、配達日時指定もできるのに、とっても安く利用できる「宅急便コンパクト」というサービスがある!というお話です。

 

宅急便コンパクトとは

宅急便には種類がある

それでは本題の「宅急便コンパクト」に話を進めていきましょう。
宅急便コンパクトは「宅急便」という名がついている通り、ヤマト運輸の提供するサービスです。

ヤマト運輸の宅急便にはいくつか種類があり、

・宅急便(いわゆる、普通の宅配便)

・ヤマト便(大きな荷物)

・クール宅急便

・パソコン宅急便

などその他にもいろいろな種類があるのですが、そのうちの一つに「宅急便コンパクト」があります。

 

宅急便と宅急便コンパクトの違い

それでは、(ふつうの)宅急便と、宅急便コンパクトの違いは何なのでしょうか。

こちらの表をご覧ください。

特に大きな違いを挙げると、まず宅急便コンパクトは小さい荷物に限られているという点です。
しかも専用ボックス(65円)に入れなければならないという決まりがあります。
(専用ボックスの詳しいサイズは後に記載いたします)
また補償限度額にもかなり違いがありますので、高額のものを送る場合は注意が必要です。

ただし、見ていただければおわかりのように、その違いを吹き飛ばすくらい宅急便コンパクトはお得な価格となっています。

宅急便コンパクトの箱サイズは(ふつうの)宅急便だと60サイズとカウントされるため、表では60サイズの価格と比較してみました。

たとえば関西~関西60サイズの宅急便と比べた場合、宅急便コンパクトの方が専用ボックスの費用を加味したとしても248円も安い価格設定になっていることがわかります。

もしあなたの送りたいものが小さなもので、かつ3万円未満であれば、宅急便コンパクトをぜひおすすめいたします。

 

専用ボックスについて

先述のとおり宅急便コンパクトは宅急便に比べ格段に安いのですが、必ず専用のボックスに入れねばならないという決まりがあります。

この専用ボックスというのは二種類あって、ひとつはボックス型、もうひとつはうす型(封筒型)です。

私自身、ヤマトさんに頼んでそれらを購入してみました。

 

ボックス型

外寸が(たて)20cm(よこ)25cm(高さ)5cmのボックスです。
漫画本(単行本)を詰め込んでみたところ、6冊入りました。

ちょっとしたものを送るだけならば十分使えるサイズだと思います。

 

封筒型

外寸、(たて)24.8cm(よこ)34cm。A4サイズがすっぽり入る封筒です。

サイズだけ見ると日本郵便のレターパックプラスと全く同じサイズなのですが、いかんせん、よくも悪くも丈夫なダンボールで出来ているためレターパックのように広がりません

私がみたところ、厚みはせいぜい2~3cm程度が限度だと思います。
が、ネットの書き込みなどを色々見ていると、これで少年ジャンプを送った方もいるみたいです。(^^;)ということはそこそこ広がるのでしょうか。

とは言えあきらかに厚みのある荷物用ではありませんので、あまり無理をしすぎるとフタが閉まらなくなったりダンボールが折れて見た目が悪くなってしまいそうです。

 

クロネコメンバー割がすごい!!

そしてここからが、「格安」と私が呼ぶ理由になるのですが、ヤマトの宅急便にはものすごい大幅な割引サービスがあります。

それが「クロネコメンバー割」です。

 

へ?それってどうせ大口契約でしょ?

という声が聞こえてきそうですが、そんな敷居の高いものではありません。

 

「クロネコメンバー割」とは、ヤマトで使える電子マネーをあらかじめチャージしておくことで適応される送料割引サービスのことです。

つまり、荷物を差し出す際にその場で現金払いをしたり、掛売契約をしていれば月ごとにまとめて後払いというのが一般的ですが、
その料金をあらかじめチャージしておく(プリペイドする)ことにより、割引価格が適応されるのです。

その詳細はこちら。


参照URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/members/send/memberwari/

 

この表にありますように、クロネコメンバー割とクロネコメンバー割BIGの二種類があり、チャージ金額の大小によって割引率が異なります。

■クロネコメンバー割

最低でも毎度5000円をチャージできるのであれば、10%の送料割引が受けられます。

■クロネコメンバー割BIG

ややハードルは上がりますが、毎度50000円をチャージできるのであれば割引率はなんと15%にアップします。

 

宅急便コンパクトはただでさえ【安い宅配便】なのに、これが更に割引してもらえるなんてすごいと思いませんか?

 

割引適応の例を見てみよう

それでは10%割、15%割が適応されたら実際に価格はどれだけ変わるのか。

発着地、関西~関西、関西~関東の例で見てみましょう。

 

〇宅急便コンパクト(税込み)

ただでさえ安い宅急便コンパクトがさらにグッと安くなることがわかっていただけたかと思います!

 

【注意】

クロネコメンバー割が適応されるのは集荷の場合とヤマト直営店への持ち込みの場合のみです。

ヤマト取扱店や、コンビニへの持ち込みの場合はクロネコメンバー割は適応されませんのでご注意下さい。

また着払いの場合も割引は適応されません。

 

 

割引はこれだけではない!

デジタル割

ヤマト運輸直営店の「ネコピット」で送り状を作成した場合、もしくは自宅のパソコンで送り状を印字できる「送り状発行システムC2」を利用した場合、荷物1個につき50円割引。

※集荷、またはヤマト運輸直営店への持ち込みの場合のみ。取扱店・コンビニ持ち込みの場合は不可。

 

持込割

ヤマト運輸直営店・取扱店・コンビニへの持ち込みで100円割引。

※直営店へ持ち込み、さらに送り状発行システムネコピット・または送り状発行システムC2で送り状を発行した場合は150円割引

 

宅急便センター受け取りサービス

宅急便センター(ヤマト直営店のこと)宛てに発送し、荷受人が荷物を取りにくると、54円引き

 

 

全ての割引を駆使するとこうなる

では、ここまでにお話ししてきた全ての割引を駆使して最大限に安い送料を実現してみましょう。

宅急便コンパクト 関西→関西 の場合

割引なし 594円

+ クロネコメンバー割BIG(15%割) 504円

+ デジタル割 454円  (2018/11/17追記:宅急便コンパクトのデジタル割はネコピット使用の場合のみ。C2は利用できません。

+ 持ち込み割(直営店)304円

+ 宅急便センター受け取り 250円

594円が最大250円(税込み)に!!!

 

宅急便コンパクト 関西→関東 の場合

割引なし 648円

+ クロネコメンバー割BIG(15%割) 551円

+ デジタル割 501円  (2018/11/17追記:宅急便コンパクトのデジタル割はネコピット使用の場合のみ。C2は利用できません。

+ 持ち込み割(直営店)351円

+ 宅急便センター受け取り 297円

648円が最大297円(税込み)に!!!

 

宅急便コンパクト 関西→北海道 の場合

割引なし 972円

+ クロネコメンバー割BIG(15%割) 826円

+ デジタル割 776円  (2018/11/17追記:宅急便コンパクトのデジタル割はネコピット使用の場合のみ。C2は利用できません。

+ 持ち込み割(直営店)626円

+ 宅急便センター受け取り 572円

972円が最大572円(税込み)に!!!

 

自分が送り主になる場合、【宅急便センター受け取り】は相手の都合もありますので実質難しいかもしれませんが、それ以外の割引であればそれほどハードルが高くないので十分利用できそうですね!

 

割引サービスは宅急便全般が対象

ちなみに今回は宅急便コンパクトに焦点を当てて話をしてきましたが、
クロネコメンバー割をはじめ上記で挙げた割引制度は宅急便コンパクトだけでなく、クロネコヤマトの宅急便全般に適応されます
【注】ネコポスやDM便は対象外です。詳しく知りたい方はこちら→ヤマト運輸のサイト

自分の送りたいサイズ、発着地の場合はどうなるんだろう?と検索してみたい方はこちらからどうぞ
宅急便料金検索

 

【使い方】

「料金のみを調べる」というところで、発地と着地にチェックを入れて検索ボタンを押すと料金がわかります。

一番上に宅急便料金が表示されますが、その下に宅急便コンパクトやその他の宅急便料金(クールなど)も表示されます。

割引については【注意事項】というところに細かい字で書いていますので見逃さずご覧ください。

 

さいごに

以上、宅急便コンパクトはサイズ制限や65円の専用ボックスなど多少融通の利かない面はあるものの、価格面ではとってもリーズナブルになっていることがおわかりいただけたかと思います。

もちろん大口契約ができる場合であれば宅急便コンパクトに縛られる必要もありませんし、他社でもこれより安い見積もりが出る確率も十分あると思いますが、何と言っても今回お話しした内容は、大口契約をせずとも誰でも利用できる割引で、ここまで大きな減額をしてもらえるというのが魅力です。

どこの運送会社も値上げ値上げが続き、通販業者や宅配利用者は首を絞められて辛くなる一方ですが、このような割引制度をうまく使ってこの波を乗り切っていきましょうね!







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

4 件のコメント

  • こんばんは^^
    とても役立つ情報
    ありがとうございます

    同じ宅急便でも、
    割り引気などを付けると、
    運賃も安く発送出来るのですね⤴

    宅急便コンパクト、
    今後、是非、使ってみたいと思います⤴

    • またご覧下さり誠にありがとうございます(^^)。
      私もここまで大幅割引があったことを最近初めて知りました。
      プリペイドはヤマトさんにとっても確実に代金を回収できるので、メリットがあるのでしょうかね・・・。
      宅急便コンパクト、結構入りますのでぜひ利用してみて下さいね。(^^)

  • すごい!いい情報ありがとうございました。愛用してきたイプシロンが改悪で途方に暮れていたところ、いい情報を得られました。送るものは制限がありますか、使い分けたら十分メリットのある配送方法です。ありがとうございます!

    • コメント誠にありがとうございます(^^)
      私も実際に宅急便コンパクトを使いはじめました。
      サイズ制限はあるものの、断然お安いのでいいですね。
      今はゆうパックと併用しています★

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です