インスタグラムショッピングの導入条件・方法を解説。個人でも使える?

インスタ

こんにちは。
現役ネットショップオーナー兼コンサルタントのみなこです。

6月5日、インスタグラムが新たなツールとして「ショッピング機能(shop now)」を日本国内で開始することを発表しました。
ショッピング機能とは、投稿写真に商品名や価格などのタグ付けをすると、それをクリックしたユーザーをオンラインショップの商品ページへ直接誘導できるというものです。

すでに2017年上旬からアメリカでは導入が開始されていたので、いつか日本でも・・・とは思っていましたがついにこの日がやってきたわけですね。

この記事では、その導入条件(導入するための方法)を詳しく解説したいと思います。

 

 

ショッピング機能の導入に必要な条件


画像URL:https://shop-pro.jp/news/20180605-instagramshopping/ 

 

インスタグラムの投稿にタグ付けすると、オンラインショップへの各商品ページへリンクするというこの便利な機能。
導入するためにはどのような条件を満たさなければならないのでしょうか。

その条件は、以下の通りとなっています。

◆ショッピング機能導入の条件◆

  1. ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している
  2. Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである
  3. Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている
  4. Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している
    (あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する)

上記の要件が満たされると、アカウント審査が行われ、製品のタグ付けができるようになる。

(参照:https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/06/instagram_shopping/)

 

なんだかややこしい文章で書かれていますので、これをごく簡単に言いますと、
①ポリシーを確認、②Instagramのアカウントをビジネスプロフィールに変更、③Facebookページと接続、④Facebookページに商品を登録、という流れになります。

つまり、この文章をご覧になればおわかりのように、
このインスタグラムショッピング機能はインスタグラムをフェイスブックと接続することで可能になる機能です。

また念のために記載いたしますが、商品の販売・支払いを行うオンラインショップは別途必要です。
インスタグラムやフェイスブック上で、直接販売・支払いができるわけではありません。あくまで決済機能のあるウェブサイトにリンクさせる機能です。

 

では、ここからはそれぞれの条件を解説していきます。
(わかりやすくするため、原文を一部言い換えている箇所もあります)

 

1.「提供者契約」と「コマースポリシー」に準拠した、
物理的な商品を販売しているビジネスであること

インスタグラムのショッピング機能を使うためには、提供者契約と、コマースポリシーを守る必要があります。
あなたの出品する商品がこれに準拠しているかを確認しましょう。

 

提供者契約

こちらのページに記載されています。

 

コマースポリシー

コマースポリシーのページに記載されている禁止コンテンツを下記にまとめました。

 

■FacebookおよびInstagramで禁止されているもの

1. コミュニティ規定に違反した投稿
2. 違法薬物、処方薬、娯楽のための麻薬などの薬物
3. タバコ製品や関連する器具
4. 危険な栄養補助食品
5. 武器、弾薬、爆発物
6. 動物
7. 成人向け製品やサービス
8. アルコール
9. ヘルスケア・医療製品
10. リアルマネーギャンブルサービス
11. 不正品、誤解を招くもの、虚偽的なもの、不快感を与えるもの
12. 明らかに性的なものとして販売されている製品
13. サブスクリプションまたはデジタル製品
14. デジタルメディアおよび電子機器
15. 実際の通貨、仮想通貨、偽造通貨
16. 商業目的ではないもの
17. 第三者の権利侵害

■加えてInstagramショッピングで販売が禁止されているもの

・医療器具カテゴリーに属する商品
・自動車と燃料カテゴリーに属する商品
・危険な機械カテゴリーに属する商品
・サービス(詳細は下記)

例えば)
建設工事、塗装、配管工事、造園サービスなどの住宅サービス

航空サービス、ホテルなどでの宿泊、イベント、レンタカーなどの旅行サービス
美容院やエステなどのパーソナルケアサービス
会計、保険、銀行取引、ローンなどの金融サービス
獣医事または動物関連のサービス
医療、美容整形、個人向けヘルスケアなどのサービス

■制限コンテンツ

イベントチケットや入場チケットについては、Facebookから書面による許可を事前に得ている場合を除き販売・宣伝できません。

 

今ここに挙げたもの全てが、インスタグラムショッピングでは販売禁止です。

 

 

2.Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みであること

次の条件はこちら。
Instagramアカウントをビジネスプロフィールに変更しなさいということですね。

変更の前に
ビジネスプロフィールに移行するには、まずFacebookページ作成から行う必要があります。
現在Facebookページをお持ちでない方は、まずそちらの作成から行って下さい。
個人アカウントなら持っているよ、という方はもう一息です。個人アカウントとFacebookページは別物です。(参考:Facebookページの作り方

 

Facebookページが作成できたら、インスタグラムのアカウントをビジネスプロフィールに変更します。
その方法についてはこちらを参照して下さい。

 

3.Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されていること

これは先ほどの工程(インスタアカウントのビジネスプロフィール移行)の中に含まれていたはずですので、先ほどの工程が済んでいれば、これも完了しているはずです。

 

ちなみに条件に「所有権のあるFacebookページ」と書かれておりますように、所有権が確認できないと接続ができません。

もし接続の際、所有権に関するエラーが出てしまったら、Facebookの方から接続してみて下さい。

・その方法はパソコンの場合、Facebookページの右上の「設定」をクリック。
・次の画面で左にあるタブの「Instagram」をクリック。
・すると「Instagramアカウントを追加してください」というコメントが出たらクリックしてログイン。
・次に「ビジネスプロフィールに切り替える」と表示されたらその右隣りにある「スタート」をクリック。

私の場合はこの方法で接続できました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

4.Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成していること
(あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携すること)

いよいよ終盤です。なんだか難しいカタカナが並んでいますが、
「①ショップセクション追加」「②ビジネスマネージャーでカタログ作成」「③国内事業者のECプラットフォームと連携」の3つの中からいずれかをしなさいということです。

3つの中からご自身に一番合った方法を選んで下さい。

ではそれぞれの方法を解説していきます。

 

ショップセクション追加

Facebookページの左側のタブに、ショップという項目があります。これがショップセクションです。

ここをクリックして、ショップを作成します。

作り方について、詳しくはこの記事を参考にして下さい:
ECなら今すぐ使いたい!Facebookのショップ機能

なおこの記事の「4. Facebookのショップ機能を活用する方法」というところから読むと良いと思います。

重要
ショップ作成の工程にて「別のウェブサイトで清算」を選びましょう。これにより、外部のオンラインショップに誘導するボタンを設置できます。

 

 

ビジネスマネージャーでカタログを作成

次の方法がこちら。ビジネスマネージャーでカタログを作成する方法です。

まずビジネスマネージャーとは何かというと、複数のFacebookページ・アプリ・広告アカウントを一元管理するための専用ツールです。

これを利用することで、製品カタログを作成することができるというわけですね。

 

ビジネスマネージャーの登録方法

・ビジネスマネージャーにログインしたら、「アカウントを作成」をクリック。
・「ビジネスマネージャアカウントを作成」と表示されるのでビジネス名を入力して「次へ」をクリック。
・「ビジネスプロフィールを作成」と表示されるので氏名とメールアドレスを入力して「次へ」をクリック。
(このとき氏名は英字でないと次の画面に進めない場合があります)

カタログ作成方法

ヘルプセンターにその方法が説明されていますのでこちらからどうぞ:
ビジネスマネージャでカタログを作成する

 

なおこちらのヘルプページに記載の通りですが、
製作したカタログにアップロードするデータ(製品フィード)は下記のこのリストに書かれた通り作成する必要があります。
列名がここに示したものと正確に一致していないと、正しくアップロードされません。

実際にこの機能を使っている企業もありますのでできなくはなさそうですが、
個人で挑戦するとなるとかなり大変そうですね。

 

BASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する

最後の方法はこちら。
先に述べたような「ショッピングセクション追加」や「カタログ作成」をしなくても、
インスタグラムのショッピング機能に対応したECプラットフォームを利用することでショッピング機能が使えるようになるということですね。

ちなみにここで挙げられているEC-Cubeは個人で利用している人はあまりいないと思いますが、BASEは月額利用0円で出品できる有名なショッピングカートですね。

BASEにお店を持っている人であれば、BASEのインスタグラム販売機能(App)を利用することで、面倒なショップセクション追加(またはカタログ作成)を省くことができます。

BASEのインスタグラム販売Appについて詳しく知りたいかたはこちらからどうぞ。

 

またこれからもインスタグラムのショッピング機能に対応するECプラットフォームは増えていくと思いますが、現時点ではハンドメイドのマーケット、minneも対応しています。

ショッピング機能の導入について、minneとBASEを比べてみますと、minneでは先に説明しましたビジネスマネージャーの登録までは必要のようですが、BASEの場合はビジネスマネージャーの登録は必要がないようです。

 

まとめ

以上、インスタグラムのショッピング機能を導入する条件につき解説いたしました。

要点をまとめますと、提供者契約とコマースポリシーを確認したら、Facebookページを作り、インスタグラムと紐付けてビジネスプロフィールを取得。
その後商品数が少なければ「ショップセクション」を作る方法でもいいですし、商品数が多ければ「ビジネスマネージャーでカタログを作成する」方法が良いでしょう。

ですがおそらくこのカタログを作成する方法は個人でやるにはかなり大変ですので、
BASEにお店を持っている方ならばBASEのインスタグラムショッピング機能を使うのがBESTな方法だと思います。

 

これらの条件をクリアできたら、いよいよインスタグラムから商品にタグ付けができるようになります
(条件クリア後、数日の審査ののち、インスタグラムに通知があるそうです)

タグ付けの方法については先ほどご紹介しましたBASEのapp説明ページに記載されているのでそちらが参考になると思います。

なお私が利用しているカラーミーショップでもこのショッピング機能に近日中に対応するとのこと。

これはリリースのお知らせが待ち遠しいですね。







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です