当てはまったら要注意!SNS宣伝で失敗しがちな4パターン

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ライン・・・

私がお店を始めたころは、まだそれほどSNSでの宣伝というものは主流ではありませんでした。

ですがここまで私たちの生活に身近になった今、多くの企業や個人がこれを宣伝のために活用しはじめています。

 

え?あなたももう宣伝に利用しているって?

 

でも思い通りに集客がうまくいっていないって?

 

だとしたら、もしかしてこんな間違いをしてしまったりはしていませんか?

 

「買ってくれ」圧力が滲み出ている

売れないからと、商品写真の投稿・宣伝に必死になりすぎていませんか?

いくらアピールしたい商品がたくさんあるからと言って、毎日5回も10回も更新するのはあまりにもやりすぎです。

「このお店、暇なのか?」と逆に勘繰られてしまう結果となりますので注意しましょう。

 

また「売れてます!」「急いで下さい!」「おすすめです!」などの言葉は効果的ですが、連投しすぎると胡散臭さがアップしてしまいます。

 

「買って買って」とストレートなアピールをすることばかりに必死にならず、

「自分が使ってみてココが良かった」と感想を書いてみたり、
「こんな風に作られています」と裏話をアップしたり、

お客さんが興味を持ってくれそうな内容がないかを考えてみましょう。

お客さんの興味を引くことができれば、買って買ってアピールをせずとも自然に購入につながります。

 

購入方法を記載していない

きれいな写真を掲載して、「これが新商品です!」「再入荷しました!」と書けばバッチリOK!

・・・って本当にこれで良いのでしょうか。

 

店側は、「自分はこの商品を売っているオンラインショップだ」ということが当たり前すぎになってしまっているのです。

ですがあなたの投稿を見る人全てが、「あなたがオンラインショップをやっていて、これがネットで簡単に手に入る」ということを知っているでしょうか

これは〇〇店の商品で、ここにアクセスしたら買えるんだ。と知っているのは前々からフォローしてくれている人だけです。

投稿には必ず「店舗URLはこちらですよ、お店に入ったらここのコーナーから見れますよ」と購入方法を必ず記載するようにしましょう。

 

公私混同している

お店のアカウントで、趣味の投稿や今日食べたものなど、お店に関係のない話題ばかり投稿していませんか?

あなたの人柄を知ってもらうため、たまにはそのような関係のない内容の投稿も効果がありますが、脱線ばかりしているとお客さんはウンザリしてしまいます。

 

またお店のアカウントでプライベートの友達とコメントのやり取りをしている店長さんもいますが、それも絶対にやめましょう。

これ、高くない~?

え~、全部買ってよ

こんな個人的なやり取りを公式アカウントでされたら、他のお客さんは質問しづらくなってしまいます。(このやり取りはあるお店のインスタで実際に見たものです)

 

また間違っても「豪華なランチを食べに行きました」とか、「彼とデートで●●に行きました♡」、というような投稿はしないで下さい。

あなたのお客さんがそのような投稿を見せられて楽しい気分になるでしょうか。

この店を応援してあげたいと思うでしょうか。

もしお店に関係のない投稿をするときでも、あくまであなたの、またはあなたのお店のイメージアップのためだということを常に忘れないようにしましょう。

 

本音をぶちまける場所だと思っている

お店ではあくまで「しっかりした店長」を演じきって、SNSになると突然に素の姿に戻る人がいます。

 

「今日のお仕事は疲れました~。注文は多いし最近あまりゆっくり眠れていません」

 

・・・って、それは一体誰に向けての投稿なのでしょうか。

 

またここにお店のトラブルを書き込んだり、困ったお客さんのことを赤裸々に書く人がいますが、そんなことをしても何の解決にもなりません

トラブルの当人としっかり話をするか、どうしても全員に伝えたいようなことであればお店のトップページに「ご利用の皆様へお願い」という形できちんとした文面で書きましょう。

SNSを上手に活用して、お店の売り上げアップにつなげたいですね!







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です