【初心者でもできるSEO】検索上位を狙うショップのタイトルタグ(title)の付け方

ネットショップや、集客のためのWEBサイトを運営しているみなさん、

突然ですが、タイトルタグとは何のことかご存知でしょうか。

 

「自分でネットショップを作ったけど、そんな言葉知らなくても完成したよ」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、これを知っているか知らないかではのちのち雲泥の差が現れます!

・・・というより実際にはもうその影響が現れてしまっているかもしれません。

 

ここではネットショップという前提で話をしますが、集客のためのWEBサイト全てに共通する重要なポイントですので、ぜひ下記を読み進めてみてください。

 

タイトルタグって何?

タイトルタグとは、WEBページやサイトのタイトル(題名)を設定するために使うHTMLタグです。

<title>表示したいタイトル内容 </title>のように記述します。

ここに入力した内容は検索エンジンが重要視している箇所であり、検索結果では大きく表示されます。

 

実際の表示例

f:id:bestnetshop:20180312131713p:plain

このように青く大きな字で表示されるため、検索ユーザーにとって最も目が行く部分となります。

つまりタイトルタグにどのような内容を設定するかが、検索エンジンに対しても検索ユーザーに対しても大変重要になってきます。

 

・・・とここまでをお話ししても全くピンとこないショップ店長さんもあるかもしれませんが、それは設定した記憶がない(または設定したことに気づいていない)だけで、これがあなたと無縁の話ということではありません

ここは、SEO対策の最重要項目の1つとも言われていますので、ぜひ最後までご覧下さい。

 

集客のためのタイトルタグ作成の鉄則(トップページ)

それでは、効果的なタイトルタグ設定の方法を見ていきましょう。

ネットショップであればトップページ、カテゴリーページ、商品ページなどがありますのでその全てにそれぞれ「タイトルタグ」が設定されていることになりますが、
ここでは特にトップページのタイトルタグ設定につきご説明したいと思います。

トップページとはあなたのショップURLを入力したときに表示されるページのこと、
すなわちショップそのもののタイトルタグ設定ですので、極めて重要な部分となります。

 

作成の元となるキーワードをピックアップしよう

あなたのお店の主力商品やまたは商品カテゴリー、そのほかお店の特徴などを書き出して、「これは絶対に入れたい」というキーワードをいくつかピックアップしましょう。

キーワード選定のコツは下記の3つです。

 

ビッグワードからスモールワードまで考えてみる

雑貨、洋服、靴、などおおまかなキーワードだけでなく、あなたのお店を表すより具体的なキーワードを探してみましょう。

たとえば雑貨店の場合「雑貨」というキーワードだけでなく、あなたのお店の商品の特徴を掘り下げ、「雑貨」からさらに一段階、できればさらにもう一段階細かいキーワードをプラスしていきます。

例)「雑貨」 → 「雑貨 キッチン」 → 「雑貨 キッチン 便利」

ほかにも・・・
例)「旅行」 → 「旅行 沖縄」 → 「旅行 沖縄 格安」

例)「ファッション」 → 「レディース ファッション」 → 「レディース ファッション 30代」

など。

 

効果的なキーワードを知る

またネットショップの場合「通販」というキーワードは必ず入れた方が良いでしょう。
その他【送料無料】【翌日配送】などインパクトのある文字を先頭に入れても良いですね。

 

競合をチェックする

その次に、選定した複数のキーワードを(3つ~4つほど)まとめてグーグルの検索ボックスに入れてどれだけの検索結果が挙がってくるかを見てみましょう。
(検索ボックスに入れるときは、キーワードとキーワードの間に半角スペースを入れるのが基本です。)

いずれのワードで検索したところでもちろんライバルが0ということはありえませんが、どのようなサイトが上に挙がっているか、お店なのかまとめサイトなのかなども見ておくことも参考になります。

この時点で競合が多すぎる場合にはこのキーワード選定を見直し、更にワードをプラスして集客ターゲットを「狭める」ことをおすすめします。

例えば上記の「レディース ファッション 30代」であればさらに「オフィス」をプラスして、「レディース オフィス ファッション 30代」としてみても良いでしょう。
もしくはオフィスファッションというだけで通常女性服の検索がほとんどですので、レディースを抜いてもよいかもしれません

いずれにしても競合が大手の場合、同じ土俵で戦うのはやめてあなたは「狭い」部分を狙っていきましょう。

 

 最大でも30文字程度に収めよう

タイトル部分に表示される文字数は最大30文字程度と言われていますので、重要視しているキーワードから先に並べましょう

検索結果に表示しきれない長さになった場合は、省略された部分が「…」と表示されてしまい見栄えが悪くなります。

だからと言って絶対に30文字!と神経質になる必要はありませんが、あくまでも目安として意識しておきましょう。

 

キーワードはただ単純に羅列するのではなく、読みやすい1つの文章にしよう

例えば「花 ギフト おしゃれ」というキーワードを入れたい場合、

花・ギフト・おしゃれ 〇〇〇店

というタイトルにしたとするとSEO的にはこれで大丈夫なのですが、このタイトルって正直あんまりクリックしたくならないですよね?

このタイトルタグ欄は、キーワードだけでなく「見た人がクリックしたくなるような書き方」に気を配ることが重要です。

例)
おしゃれなお花のプレゼント・フラワーギフト通販なら ●●●

 

キーワードは重複させない

さきほどの3番のお花店の例で、【お花】【フラワー】、【プレゼント】【ギフト】と類似する単語が並んでいたことがわかりますでしょうか。

これはどちらのキーワードで検索がかかっても良いようにわざとこのようにしています。

これとは逆にもしこのタイトル内に同じキーワードを2回使ってしまった場合(例えば【お花】を2回繰り返すなど)、効果がその分高まるということはありませんので大変勿体ないことになります。

 

その他

ちなみに上で挙げた例では店名が最後に来ていますが、店名を何より際立たせたい場合は最初に持ってきてももちろん構いません。

重要なことはあなたのお店のことが一目でわかる、それでいてクリックしたくなるようなタイトルに仕上げることです。

キーワードの選定ツールはネット上で色々紹介されていますのでそれらを使ってみるのも一つの手ですが、
全く自分の店に関連のないキーワードがたくさん表示されたり、また「おすすめ」「かわいい」など至って普通の(あまりに使われすぎている)キーワードが表示されたりしてそれほど参考にならないという印象も受けます。

ですので個人的にはやはり自分で考えてみることをお勧めします。
始めのうちは難しい作業ですが、何パターンか作っているうちにより良いものが出来上がっていくでしょう。

またライバル店がどのようなタイトルタグ設定をしているかをチェックするのも大変参考になります

 

なお今回はトップページのタイトルタグ設定に焦点を当ててご説明しましたが、
それ以外のページ(商品ページなど)では、検索流入を狙いたいけれどトップページのタイトルタグには入り切らなかったキーワードを意識して入れていくと良いでしょう。

(ただしそのWEBページに全く関係のないキーワードは入れないようにしましょう)

 

そもそもタイトルタグはどこで設定するの?

ネットショップをお持ちの方の中には、

「それってどこで設定するの?そもそも設定した記憶もないんだけど・・・」

という方もいらっしゃるかもしれません。

タイトルタグの設定方法はネットショップの作り方によって異なるので一概には言えませんが、まずは一度下記の方法でそれぞれのWEBページのタイトルタグを確認してみて下さい。

 

タイトルタグの確認方法

グーグルクロームかFirefoxであなたのショップを開き、右クリックをして「ページのソースを表示」を選ぶだけ。

タイトルタグを確認する方法

 

これをクリックすると、このWEBページのソース(HTML)がぶわっと表示されるかと思います。

この中で<title>と</title>の間に挟まった内容が、このページのタイトルタグです。

つまりこの右クリックをしたのが

トップページならばトップページのタイトルタグ

商品ページならばその商品ページのタイトルタグ

が見られるということになります。

 

この結果を見て、自分がどこに入力した内容がそのWEBページのタイトルタグになったのかがわかれば、その部分を編集することでタイトルタグも変更できる可能性が高いです。

 

これらの記事が参考になります

また、タイトルタグ設定で失敗しやすい例、その改善策は

【悲運】あなたのWEBサイトがいつになっても検索されない理由

ネットショップに集客できない意外な理由!商品タイトルの落とし穴

で詳しく解説しています。

少し長い記事にはなりますが、大切な箇所なのでぜひチェックしてみて下さい。







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です