送料設定の工夫で、確実に【売上と集客】につなげる方法

売上アップ

ネットショップの運営において、送料の設定はとても大切です。

なぜならネットでお買い物をする人の多くは、送料にとてもシビアだからです。

私が運営しているネットショップでも、実際にお客様から「もっと送料を下げられないか」という問い合わせが来たこともあります。

 

そんな依頼が来たところで、普通は既にもう精一杯頑張っているお店が大半だと思いますので、

「そんな要望応えられっか!!」

と言いたくなるところでしょうが(私も言いたくなりましたが)、もしかするとほんの少しでも改善する余地があるかもしれません。

 

今日は少し立ち止まって、あなたのお店の送料設定を見直してみましょう。

配送方法の種類

送料の見直しをする上で、まずはどのような「配送方法」があるのかを再確認してみましょう。

配送方法の種類は大きく分けると「対面配達で高価な方法」「ポスト投函の安価な方法」の二種に分かれます。

対面配達の方法

対面配達で事故の際の補償付きなので安心。そのため一般的にコストは高い
これに該当するもの:「宅配便(ゆうパック、ヤマト宅急便など)

(※)ちなみにレターパックプラスは対面配達ではあるが、事故の際の補償はない。

ポスト投函の方法

ポスト投函のため事故の際の補償はないが、その分コストは安い
これに該当するもの:「定型・定形外郵便」、「レターパックライト」「ゆうパケット」、「クロネコDM便」、 など

 

それぞれのBESTな送料設定

例えば宅配便の場合

「宅配便」の送料について、「発送先」や「サイズ・重量」を基準に設定しているお店を多く見かけます。

例えば発送元が東京だとして、発送先が関東なら500円、中部なら600円、関西なら700円 とか・・

60サイズの場合500円、80サイズの場合600円、など・・・。

 

ではなぜこのような設定になっているかと言うと、「運送会社との契約をそのまま使っている」からですね。

 

ですがよくよく考えてみて下さい。
あなたのお店の契約運賃などお客さんは知ろうはずもないので、何もこれをそのまま正直に申告する必要はないのです。
もっと工夫して、お客さんにわかりやすいように出来ないでしょうか。

 

例えば定形外郵便の場合

また定型外郵便を導入しているお店でも、このように設定しているお店を実際に見かけることがあります。

定形外郵便の送料

重量 規格内 規格外
50g以内 120円 200円
100g以内 140円 220円
150g以内 205円 290円
250g以内 250円 340円
500g以内 380円 500円
1kg以内 570円 700円

※34x25x3cm内が規格内

お買い物画面で表示される送料はあくまで「仮」です。
後ほど正確な送料をお知らせ致しますので、そちらをご確認下さい。

これは正確な送料をお客さんに請求するという親切心なのでしょうか。

ですが利用する立場になってみてください。こんな表示はわかりづらいことこの上ありません

この表を見て、買い物しながら総重量を計算して自分で送料を予測しろとでも言っているのでしょうか。

実際に請求される送料がわからないまま注文を確定させるのは、お客さんにとっては大変なストレスです

 

工夫できないか検討してみる

例えばこれを思い切って、

  • 発送先に関わらず一律〇〇円
  • サイズ・重量に関わらず〇〇円

という風に、一律〇〇円」としてみましょう。

お客さんの送料の平均を計算し、一律料金として設定するのです。

 

もちろん全てのお店がそのようにできるわけではありませんし、全てそのようにしろとは言いません。

例えば北海道や沖縄など遠隔地はあまりに料金がかけ離れていて一律に出来ないという場合もあるでしょう。

ですがそれ以外の地域について一律にするだけで、決済方法の説明欄もすっきりし、とてもわかりやすくなりませんか?

 

例を見てみよう

  • 送料一律500円のお店
  • 送料500円~のお店(配送先やサイズにより異なる。こちらから要確認

 

この2つのお店だったらあなたはどちらを利用したいですか?

間違いなく①ですよね。
こちらの方は料金がはっきりしているので安心ですし、実際の送料はいくらなの?と心配して調べる手間も省けます

 

「わかりやすい」が安心を生む

お客さんにとってあなたのお店でのショッピングはとても楽しいものであるはずです。

それが決済方法の画面になった途端、長ったらしい説明文や見づらい送料表を見せられ自分で確認しろと言われたら、
楽しい気分もどこへやら。一気に興冷めです。

送料設定はとにかくわかりやすく!これが鉄則なのです。

 

 

お店に合った配送方法を選ぼう

それでは次に、あなたのお店に合う配送方法を考えてみましょう。

どの配送方法を選ぶべきか

それはあなたのお店の「注文金額」によって異なります

高額商品ばかりを扱うお店であれば、配送方法は「宅配便」1択でしょう。

ですがもし顧客の平均注文金額がそれほど高くない(目安4千円以下)であれば、宅配便以外の配送方法も絶対に用意すべきです
安価な配送方法もお客さんの選択肢に入れることで、確実に注文数は増えるでしょう。

 

何種類くらい用意するべきか

配送方法の選択肢は2-4種用意することをおすすめします。

「選択肢が多いことに越したことはない」という考え方もあるのですが、
あまりに選択肢が多すぎるとどれを選んで良いかわからなくなり、その結果購入自体がまどろっこしくなって離脱してしまう可能性も発生してしまいます。

また2つ用意するにしても、3つ用意するにしても、できるだけパッと見てすぐに違いがわかるように設定しましょう。

例えば「ゆうパック 600円」「ヤマト宅急便 700円

このようにあまり違いのない2つを一緒に導入してもあまり意味がありません。

ゆうパケット 180円」「定形外郵便 350円」「ゆうパック 600円

であれば価格の違いも大きくこの3つを同時に導入する価値があります。

 

ちなみに郵便局の配送方法一覧でもご紹介しましたように、日本郵便は配送方法が大変充実しています。

日本郵便だけでも十分事足りるというくらいラインナップが充実していますので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

 

注目度「大」の送料無料

お客さんは送料にとってもシビア。ということは逆から言えば「送料無料」のお店が大好きということです。

それを考慮して、あなたのお店でも導入できないかを検討してみましょう。

全品送料無料

もしあなたのお店が全品送料無料にできるならばそれに越したことはありません。

例えば利益率がとても高い商品ばかりだったり、1つの商品が数万円するようなものであれば送料を負担しても微々たるものなので、全品送料無料も実現できるかもしれませんが、実際にはそこまでできるお店はそれほど多くないでしょう。

その場合はある条件を設けて「送料無料」設定をします。↓

 

〇〇円以上で送料無料

全品送料無料が難しくても、〇〇円以上で送料無料ならば実現できるお店はたくさんあるはずです。

送料が大嫌いなお客さんはこの金額を目指して注文を入れてきますので、必ずこの設定をするようにしましょう。

どの程度の金額に設定すれば効果があるか、ということについては実際に試してみないと見えてこないこともありますので、まずはあなたのお店の競合を参考に設定してみましょう。

 

★ワンポイントアドバイス★

例えば「3000円で送料無料!」など購入者に優しい送料設定をしているお店が、実際には「個々の商品の価格を高くしている」というのはよくあるケースです。

もちろん購入者の大半はそれに気づかず喜んでこの店を利用しているわけですが、それほど送料というものがお客さんにとってネックになるという証拠ですね!!

 

まとめ

ネットショップを作ると言うと、仕入れ方法や販売方法ばかりに気が行きがちですが、実際には「お客さんが買いやすい環境づくり」がとても大切です。

今回説明させていただいた送料設定も「買いやすい環境づくり」のうちの1つです。

どうやったらもっとお客さんが買いやすいお店になるか。何度も何度も試行錯誤を重ね、「他店より買いやすい」と言われるお店を目指していきましょう。







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です