輸入代行と転送の違い-それぞれのメリットデメリットは?

さて、前回はタオバオの登録方法についてご説明しましたね。
中国のショッピングサイトにはこのほかアリババ中国やTmall(天猫)などもありますが、いずれにしても日本に直送してもらえないのが難点です。

時折「日本に送ってよ!」と交渉を試みる人もいるようですが、
輸送途中にトラブルに遭った場合の責任は自分に降りかかってきますし、仕入れ先が変わるごとにその直送交渉をまたしなければならないことになるので、私はあまりおすすめしません。

それではどうするかという話ですが、「輸入代行業者」「転送業者」というものを利用することになります。

「輸入代行」と「転送」の違いとは

輸入代行という言葉はなんとなくわかっても、転送とはなんぞや?という方が多いかもしれません。

ネット検索で輸入代行業者を調べてみた場合、「輸入代行」「転送」のどちらも受け付けている場合が多いですが、
これらのサービスの違いはとても大切なのでご説明いたします。

 

輸入代行業者とは

輸入代行とは商品購入から支払い、荷物の受け取り、そしてあなたのお家までの配達手配。
つまりあなたの海外でのお買い物をトータルサポートしてくれるサービスのことを言います。

 

転送業者とは

それに対し転送業者とは、あなたに代わって荷物を受け取り、あなたのお家までの配達を手配してしてくれる業者のことです。
上記の輸入代行と大きく異なる点は、「注文・支払い」は自分でしなければならない
ということです。

 

かんたん図解

輸入代行と転送の違い

 

輸入代行・転送のメリットデメリット

輸入代行業者

購入する商品と数量さえ伝えればあとは全てやってくれる

商品が届かない、間違っているなどのトラブルの交渉もやってくれる

転送に比べて手数料が高い

注文の変更、キャンセル等、急ぎの要件にすぐ対応してもらえないことがある

 

転送業者

輸入代行に比べて安い

値引きしてほしい、サンプルを入れてほしいなど、仕入れ先に細かい要望を交渉できる

送金の手段(クレジットカード、paypal、海外送金など)を自分で用意せねばならない

注文した商品が届かない、間違っているなどの場合、仕入れ先に現地の言葉で問い合わせせねばならない

到着時の検品オプションがない業者の場合、商品間違い・数量違いがあってもそのまま日本に送られてしまう

 

 

どちらを使うべきか

現地の言葉が使えない、購入方法がわからない、という人は迷わず輸入代行を利用しましょう
仕入れる数量や金額に伴って手数料も増える場合が多いですが、安心を買うための料金だと思えば良いでしょう。

転送は少しでも安く済ませたい、また仕入れ先に値引き交渉をしたい、など細かい要望がある人におすすめします。
もちろん契約次第では輸入代行業者にそれらの交渉をお願いすることもできますが、
あまりにその回数が多いとまた別途手数料を取られたり、断られてしまう可能性もあります。
輸入代行会社はたくさんの顧客・案件を抱えていますので、通常あまり細かい要望は聞いてもらえないと思っておいた方が良いでしょう。

また転送は自分のタイミングで注文を入れたり、必要があればすぐキャンセルを入れたりできるのも大きな利点です。
例えば購入したい商品が売り切れ間近の場合、転送だと自分で購入するのですぐに購入ボタンを押してしまえばよいですが、
輸入代行だと「購入をお願いします」と伝えている間に売り切れになってしまいます。

また購入はできるが支払いはできないという方は、輸入代行を利用してもよいですが、
転送+支払い代行をしてくれる業者にお願いしても良いでしょう。

 

輸入代行・転送業者利用の注意点

注意点などという風に書くと、「そんなに恐ろしいの?」と思わせてしまいそうですが、
業者がどうと言う前に、「海外通販・輸入」これ自体にトラブルが付きものなのです。

その際にどのくらい真摯に対応してくれるか。
これが「良い業者」「悪い業者」の差になります。

 

トラブルには例えば・・・

  • 商品が届かない
  • 異なった商品が届く
  • 数量が間違っている
  • 商品が破損している

などがあります。

脅すわけではありませんが、日本での仕入れより相当な確率でこれが発生すると思っておいてください。

私はアメリカやイギリス、ヨーロッパや中国などから仕入れをしていますが、これまで全ての国において何かしらのトラブルを経験しています。

 

そんなとき、業者が不親切だと本当に不安になってしまいますよね。

では良い業者はどうやって見つければ良いのでしょうか。

 

良い業者の見つけ方

その方法はこれだ・・・!!!

 

と胸を張って言いたいところですが、残念ながら確実な方法というものは存在しません。

だからこそネット上に「あの業者でひどい目に遭った!」「あの業者もう使いたくない!」などという口コミが絶えないのでしょう。

 

ですが確実な方法はなくとも私からお伝えできるワンポイントアドバイスがあります。

それは
「リスク、トラブルを覚悟の上、初回は少量の注文にする」

ということです。

そうやって対応は適切か、荷物の梱包はどうか、スピードはどうか、などを自分自身でチェックしましょう。

 

私自身もこの数年中国からの輸入貨物が多くなり、ある業者さんに転送をお願いしたところ、商品(細かいものが何百個)が大きなダンボールに無造作に入れられ、緩衝材も何もない状態でぐちゃぐちゃボロボロになって届き、クレームを言う私と反論する業者とでそれはそれは相当な言い合いになったのを覚えています。(笑)

というわけで私自身、今になっても輸入代行・転送業者を使うときにはドキドキなのです。

ですが中国輸入についてはどうにか信頼できるところを探して探して探し回って、ようやく信頼できる業者さんを見つけることができました。

それは中国のチャイさんという方です。

↑このリンクはこの方のブログに飛ぶだけですのでご安心下さい。

 

私はこの方に転送のみお願いしておりかれこれ3年近く経ちますが、
この方にお願いしている理由は、

  1. 梱包が丁寧
  2. 商品数を確認してくれる(無料)
  3. スカイプ対応でレスポンスがとても速い
  4. 保管は2週間以内 などの細かい決まりがない
  5. 手数料が安い

 

です。

もちろん日本語で対応してもらえますのでその辺はご安心下さい。

転送をお願いした場合の料金は、
EMSの場合、始めの0.5kgが90元で、その後は0.5kg増えるごとに26元加算となります。

 

荷物が20kg以上の場合はFEDEXとなり、1kgあたり28元の計算となります。

私はその方の宣伝部隊でもなんでもないので無理におすすめはしませんが、もし中国の輸入代行・転送業者で痛い目に遭った!という方がいらっしゃいましたらぜひ一度この方に連絡してみて下さい。

 

さいごに

トラブルが多い、リスクは付きものなど恐ろしい言葉のオンパレードとなり萎縮してしまった方もいるかもしれませんが、
輸入はまず実践あるのみです!

どんなたくさんの知識も1回の経験にはかなわないでしょう。
まずはぜひ、一歩を踏み出して輸入にチャレンジしてみてください!







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です