ショップブログにアメブロを使うな!このすさまじい広告量を見よ

アメブロをやめるべき理由

こんにちは。
現役ネットショップオーナー兼コンサルタントのみなこです。

今ではネットショップの運営も軌道に乗り、このようなマニュアルブログも書いている私ですが、
その昔お店を始めたばかりのころはあれやこれやと本当に恥ずかしい失敗ばかりしました。

その中でも特に後悔していることが、ネットショップの集客ブログのためにアメブロを利用してしまったことです。

 

私がアメブロを選んだ理由

私がブログを始めた2011年の頃、ブログならアメブロ!というくらいその名前をよく耳にしました。

アメーバピグのCMもよく流れていましたし、ブログ集客の本を検索して私の目の前に一番に出てきた本も「儲かるアメブロ」というタイトル。

他のブログも選択肢に入れて検討してはみましたが、そのような背景もあり、頭の中で自然とアメブロ一択に決まっていったのです。

 

読者登録ボタンがすごい

その中でも特に決め手になったのは、「読者登録ボタン」の存在でした。

アメブロには読者登録というボタンがあって、アメブロユーザーであればそのボタンを押せば簡単にそのブログの読者登録ができるのです。

またこのとき「読者登録したことを相手に知らせる」という設定にすると、読者登録したブログのサイドバーに自分のブログへのリンクが表示されます。(表示する設定にしている場合)

そうすると、そのブログから自分のブログへのユーザー流入も見込めますよね。

 

またブログって、興味のあるブログが見つかってもほとんどその日限りになって、仮にまた思い出すことがあっても「あれってどこで見つけたんだったかなあ」・・となることってよくありませんか?

この読者登録ボタンは設定で「更新通知を受け取る」という風にしておけば、ブログが更新された際にメールで通知がいくようになっているんです。

これなら訪問してくれた人のリピートにつながるなあ、と。
それが私がアメブロに決めた大きな理由でした。

 

最初は順調に集客

読者登録数が100も200もあるブログを見ては、すごいなあ~、うらやましいなあ~、と眺めていたのですが、自分のブログもそこまで到達するのにそれほど時間はかかりませんでした。

というのも私がアメブロを選んだように、私のお店のお客さんの中にもアメブロをしている方が大変多かったのです。

「私もアメブロをやっているので、良かったら見てみて下さい。」みたいに言われてお互いに読者登録ボタンでつながって。

そうやって、どんどんお客さんと私の間でアメブロの輪が広がっていきました。

 

 その後急激に失速

ですがこの二年ほどでしょうか。・・どうも全く読者登録が増える気配がありません。

あれ?もうアメブロしてる人って減った?

・・そんな風に思い始めていた矢先、私はとんでもないものを目の当たりにすることになったのです。

 

スマホを開いたときに驚愕

すさまじい数の広告

ある日自分のブログの画面をスマホで開くなり、言葉を失いました。

この画面の中から記事を探すのが大変、と言っても過言ではないほど広告で埋め尽くされています。

 

それがどれほどのものか。この画像ではわかりづらいため、ご説明しましょう。

これが記事を1つ見ようとしたときに表示される画面です。

広告

記事

読者登録ボタン

広告

広告

ブログジャンル

広告

広告

総合ランキング

広告

ジャンル人気記事ランキング

トップブロガーランキング

広告

人気トピックス

広告

総合ランキング

広告

 

です。

 

私は仕事柄パソコンをよく使うこともあり、ほとんどスマホを使うことがありませんでした。あったとしても、一日に1回、見るか見ないか、くらい。

そのため自分のブログをスマホで見るとどうなるのかをほとんどチェックしなかったこと。
これはネットショップオーナーとしてあってはならぬ失態でした。

もちろんパソコン画面で見ていたときから広告の多さに気づいてはいましたが、スマホという小さな端末で開いたときにそれがどれだけ圧倒されるものになるかを想像できていなかったのです。

 

広告以外にもひどいもの満載

アメブロランキング

そして広告だけに留まらず、やたらと多い「~ランキング」というのが本当にクセモノです。

なぜなら本来自分のブログに来てくれた人に何をしてほしいでしょうか。

それは読者登録したり、または自分のブログ内の別の記事を読んでもらうことですよね。

 

それなのにこの~ランキングがこれだけたくさん表示されると、もはや「こっちの方が楽しいのでこっちを見てね」とわざわざ誘導しているようなものです。

つまりお客さんにすさまじい数の「出口」を与えてしまっているのです。

これらの「~ランキング」も全てアメブロの広告と言っても過言ではありません。

 

ページが開きさえしない

そしてここまで広告が多いと、致命的を超えて、もう「終わった」とさえ思わせる出来事が発生します。

それは広告が重すぎてページが開かないということです。

重い

スマホで自分のブログを開いてみると、上にも下にも、広告が一生懸命顔を出そうとして、その間何秒も待たされてしまうのです。

だれが私のブログを見るために、わざわざこの待機時間を根気強く耐えてくれるでしょうか。

 

スマホユーザーがこれだけ多くなった今日、スマホ表示がここまでひどい状況になっているのはもう絶望的としか言いようがありません。

 

アメブロで作るブログはアメブロのための資産

そんなとき悲しみにくれながらアメブロのことを検索していると、更に私を奈落の底に突き落とす記事に出会ってしまいました。

アメブロには元々からこのように書かれていたのです。

アメブロで書いた記事はアメブロのものだ、と。

第12条(知的財産権等)
2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
3. 利用者は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

アメーバ利用規約より抜粋)

「あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします」
とはもっとはっきり言ってしまえば

「アメブロ利用者の記事はアメブロ(サイバーエージェント社)のもの」
ということですよね。

つまり私たちは無料ライターとなって記事をアメブロに提供して、アメブロはその記事に広告を貼って更に記事自体の著作権まで獲得している。

 

全てのブログサービスを調べたわけではありませんが、きっと無料ブログってこういうことなんでしょうね。

考えてみれば、あんなに機能の充実したものを無料で使わせてもらえるはずがない。

 

これをWin-Winの関係だと捉えられないならば、本来無料ブログを使うべきではないのかもしれません。

 

アメブロの広告は取り除ける

取り急ぎできる対策と言えば、広告の削除だ!

実はアメブロには広告費を取り除けるプレミアムという有料プランがあります。

月額は1008円。そもそもこれをケチった私が悪かったのです。

 

ですがここで改めて冷静に考えてみると、今この1008円を払ってまでアメブロを続ける理由って?

 

月額1008円ってなかなかの金額です。

例えばはてなブログなら同じ金額で独自ドメインが使えます。でもアメブロの場合はあくまで広告が取れるだけ。

あとは画像のアップロード容量が増えるとか、せいぜいその程度。

ドメインはアメブロドメインのまま、そして記事は差し上げその上1008円も支払うって私はバカかって感じです。

 

アメブロで集客力を実感できた数年前ならともかく、わざわざ今その金額を出してまでアメブロを続ける気が全く起きません。

となるとやはりブログの引っ越ししか選択肢はなさそうです。

 

引っ越しを決意

そもそも安易にアメブロを選んだ私が悪かったのです・・。

というよりあの時代はその恩恵も受けることができました(言い訳?)が、アメブロの最大のメリットはアメブロ内でのつながりが最大の魅力でした。

それがほとんど感じられなくなった今、この広告だらけのブログサービスを使い続ける理由はどこにもない気がします。

 

次回はアメブロから引っ越しする!の記事を書きたいと思います。







シェアして頂けると飛び上がって喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です